俳句に親しむ時 人は豊かになる The moment when haiku enriches us
ブログ

ゆく春図書館

最終号ご購読のおすすめ

ゆく春の5月号最終号は会員95名の自選8句計760句が一堂に会します。ご購入ご希望の方は3月15日までに次の宛先にご連絡ください。高橋純子宛:〒145-0061 東京都大田区石川町1-26-2: 一部1,500円にてお送りいたします。振込先は:ゆうちょ銀行 00160-5-100205 「ゆく春俳句会」です。… 続きを読む

終刊に際しHP担当よりご挨拶

5月のゆく春本誌終刊を控え、ホームページ担当として3月号に載せていただいた挨拶文がございますので、こちらにも転用させていただきます。以下ご覧ください。    山県輝夫前主宰が急逝され、ゆく春新体制をどうするかの議論の中、課題として「ホームページの充実」がありました。そして4年が経過し振り返ってみますと、手応えのあったものが三つあります。まず電子投句機能の投入です。これはホームページ内で投句が完結するだけでなく、本誌づくりの一次加工をカバーする仕様で、毎月の編集に役立ちました。次に本誌閲覧機能です。これにはアーカイブがありますので、電子書籍として活躍しました。三つ目は、俳誌は師系が重要との認識のもと、初代主宰室積徂春を中心とするゆく春の歴史に触れられたことです。調べれば調べるほどゆく春は豊かな歴史を持つ結社と感じられ、ページ構築も遣り甲斐があり、光栄に思いました。  いずれにしましても、弱輩の私にホームページ運営をお任せいただきましたこと、会員の皆様及び執行部の皆様に心より感謝申し上げます。また、デザイン制作やアート写真ご提供の形でご支援をいただきました皆様。ページ制作にご参加いただいた有志の皆様。誠に有難うございました。    村上博幸   ゆく春本誌 2019年3月号より抜粋  … 続きを読む

ゆく春私の一句募集

俳句雑誌ゆく春は2019年5月号をもって終刊することが決まりました。 ついてはホームページをご覧の皆様より、これまでのゆく春の会員の俳句作品の中から、最もお気に入りの句をお教えくださいませんか?2019年の春、本欄において、ご推薦いただいた句を一覧といたしますので、改めて相互鑑賞ができればと思います。よろしければこの下のコメント欄に、記名・無記名問わず、率直なご感想も含め、ご自由にご投稿ください。 なお、当サイトもいずれ閉じることになろうかと思いますが、終刊までは発信を続けますので、それまで是非お付き合いください。  … 続きを読む

米有季定型俳句会との俳句交流開始

ゆく春米サンノゼ支部が独立し、有季定型俳句会(Yuki Teikei Haiku Society)として発足以来40年。今やYTHSは北米有数の俳句結社として、国際的に活発な活動を行っています。 ゆく春誌の6月号に掲載された「米有季定型俳句会との俳句作品交流(1)」の英語版が、YTHSのGeppo(月報)8月号に掲載されました。交流プログラムの趣旨としては、3カ月に一回、YTHSの作品より2句、ゆく春の作品より2句、計4句に対訳を付け、会員が双方の句を鑑賞し合い、洋の東西を越え、俳句がいかに雄弁な詩形であるかを共有していきます ゆく春会員には交流プログラムの全貌を閲覧いただけるよう、「米有季定型俳句会との俳句交流(英文ページ)」のアーカイブを開設しました。今後も会員の皆様にはHPを通じ、詳細をお知らせしてまいります。        … 続きを読む

3/3 ゆく春俳句教室速報

3月3日(土)、第三回ゆく春俳句教室が行われました。会場の代々木倶楽部に集まった方の中には、初心者の方と今一度自身の句を見直してみたい方の両方がいらっしゃいました。(写真をクリックすると拡大版をご覧になれます。) まず前半は、ゆく春同人二名による講義であり、主に初心者の方を対象にした内容でした。一句一章、二句一章といった俳句の形についてのお話、古今の俳人の名言に触れるお話をしていただきました。講師の倉林潮さん、植村文彦さん、興味深いお話をいただき有難うございました。 後半は句会に入り、持ち寄っていた当季雑詠一句の他、席題一句に挑戦しました。席題は当日の季語「雛(ひな、ひいな)」でした。折から差入れの雛あられと月餅を頬張りながらの作句。以下高得点句を披露します。予想に反し、兼題より席題に佳句が多く、当日の皆さんの集中ぶりが伺えます。 あばら家も思ひのほかにひな飾り  山本耕道 祖母と母と受け継ぐ雛齢百(よわいひゃく) 荒木きんたろう ひなまつり変わらぬひなと妻の指  佐藤一夫 ひざ小僧ならんで雛の雛まつり   三輪いく子 早春の空に切り絵の八ヶ岳     石原まさ子   当日参加者の皆さんは次の通りです。積極的なご参加をいただき有難うございました。 荒木きんたろう、石井真由美、石原まさ子、片海幹子、佐藤一夫、関谷正道、十河弘子、田中かよ子、三輪いく子、山本耕道、植村文彦、倉林潮、村上博幸。 これで発行所主催のゆく春俳句教室は一旦終了し、次回は6月以降、新しいテーマをもって展開する予定です。ご期待ください。(博幸報)… 続きを読む

初代EU大統領ヘルマン・ファンロンパイ氏表敬

ヘルマン・ファンロンパイ氏表敬 2月6日ベルギー大使館にて、ヘルマン・ファンロンパイ氏の歓迎の昼食会が行われました。国際俳句交流協会のプログラムの一環です。自ら句集を出版され俳人でもある氏は、日本政府からの委嘱により、俳句ユネスコ登録推進協議会の名誉顧問として欧州で活動されています。 氏はEU大統領時代に俳句の「調和」の精神に基づき、協調路線を進め、域内の安定を築かれました。その実績により2012年にEUは、団体としてノーベル平和賞を受賞しています。 歓迎会当日、氏とお会いした村上は続くメールの中で、氏の俳句と第二代国連事務総長ダグ・ハマーショルド氏の俳句に好ましい類似性を感じる、そう感想をお伝えしました。また下記の俳句をお贈りし、二人の国際政治家・俳人への尊敬の念を表したところ、氏は大変喜ばれました。   one humanity   a politician poet…   early spring wind     強東風や政治と詩歌共存す(英日とも村上) 写真では、ゆく春の自主出版である「対訳 原子爆弾救助行・谷野夏山俳句集」をお渡ししています。(文責:村上博幸)  … 続きを読む

ゆく春の岩田織人、フォト俳句集上梓

京都四季彩 岩田潤 ゆく春会員の岩田織人(おりじん)さんは写真の造詣が深く、ホームページにも写真をご提供いただいています。その岩田さんが本名の岩田潤として、この度電子書籍のKindleよりフォト俳句集「京都四季彩」を上梓されました。次のKDPより見本が閲覧できる購入ページにリンクしますので、是非ご覧ください。岩田さんおめでとうございます。… 続きを読む

ゆく春は創刊90周年を迎えました

政にかかはらず早稲稔りけり  室積徂春 昭和2年10月1日、室積徂春が40歳の若さで、東京で創刊したのがゆく春でした。以来90年の歳月が過ぎました。 ホトトギス雑詠欄の「進むべき俳句の道」の中で徂春は、客観事実をそのままいうのではなく、主観的・理想的にいうところに彼の句の生命がある、と虚子に評されています。 また師系(徂春の師事した先達)の面を取っても、子規門四天王の一人である佐藤紅緑、主情的唯美的な句風の岡野知十です。こうした単なる客観作句とは異なる、月並を離れた個性表現に長けた俊才を源としており、平成の現在までこの方向性は受け継がれているように思われます。 俳句界では歴史の長さが必ずしも繁栄の源とは言い難いのですが、上記のように、継承されているものが終始一貫しているということは、継続性の点で大変重要なことと思われます。 今後も基本の方向は変わらず、なおかつ電子化推進含め新手法を取り入れてまいります。皆様からの引き続いてのご支援を賜りますようお願い申し上げます。 ホームページ担当    … 続きを読む

ゆく春Facebookページのご紹介

創刊90周年を迎える今年は、記念企画等、ホームページでお伝えしたいことが沢山ございます。またFacebookページでは、更に先取りのお知らせもしています。読者と編集部をダイレクトに繋ぐSNS。下記URLで是非ご覧下さい。 https://facebook.com/haikumoment    … 続きを読む

全端末で読めるゆく春

スマホ、タブレット、PC。ゆく春はオールデバイス対応! 最新号もバックナンバーも、端末さえあれば、きれいな活字の本誌を全ページ読むことが出来ます。無料体験も受け付けていますので、ご興味のある方はお問合せよりお尋ね下さい。  … 続きを読む

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © ゆく春俳句会 Yukuharu Haiku Society All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.