俳句に親しむ時 人は豊かになる The moment when haiku enriches us
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ゆく春図書館

ゆく春図書館

3/3 ゆく春俳句教室速報

3月3日(土)、第三回ゆく春俳句教室が行われました。会場の代々木倶楽部に集まった方の中には、初心者の方と今一度自身の句を見直してみたい方の両方がいらっしゃいました。(写真をクリックすると拡大版をご覧になれます。) まず前半は、ゆく春同人二名による講義であり、主に初心者の方を対象にした内容でした。一句一章、二句一章といった俳句の形についてのお話、古今の俳人の名言に触れるお話をしていただきました。講師の倉林潮さん、植村文彦さん、興味深いお話をいただき有難うございました。 後半は句会に入り、持ち寄っていた当季雑詠一句の他、席題一句に挑戦しました。席題は当日の季語「雛(ひな、ひいな)」でした。折から差入れの雛あられと月餅を頬張りながらの作句。以下高得点句を披露します。予想に反し、兼題より席題に佳句が多く、当日の皆さんの集中ぶりが伺えます。 あばら家も思ひのほかにひな飾り  山本耕道 祖母と母と受け継ぐ雛齢百(よわいひゃく) 荒木きんたろう ひなまつり変わらぬひなと妻の指  佐藤一夫 ひざ小僧ならんで雛の雛まつり   三輪いく子 早春の空に切り絵の八ヶ岳     石原まさ子   当日参加者の皆さんは次の通りです。積極的なご参加をいただき有難うございました。 荒木きんたろう、石井真由美、石原まさ子、片海幹子、佐藤一夫、関谷正道、十河弘子、田中かよ子、三輪いく子、山本耕道、植村文彦、倉林潮、村上博幸。 これで発行所主催のゆく春俳句教室は一旦終了し、次回は6月以降、新しいテーマをもって展開する予定です。ご期待ください。(博幸報)… 続きを読む

初代EU大統領ヘルマン・ファンロンパイ氏表敬

ヘルマン・ファンロンパイ氏表敬 2月6日ベルギー大使館にて、ヘルマン・ファンロンパイ氏の歓迎の昼食会が行われました。国際俳句交流協会のプログラムの一環です。自ら句集を出版され俳人でもある氏は、日本政府からの委嘱により、俳句ユネスコ登録推進協議会の名誉顧問として欧州で活動されています。 氏はEU大統領時代に俳句の「調和」の精神に基づき、協調路線を進め、域内の安定を築かれました。その実績により2012年にEUは、団体としてノーベル平和賞を受賞しています。 歓迎会当日、氏とお会いした村上は続くメールの中で、氏の俳句と第二代国連事務総長ダグ・ハマーショルド氏の俳句に好ましい類似性を感じる、そう感想をお伝えしました。また下記の俳句をお贈りし、二人の国際政治家・俳人への尊敬の念を表したところ、氏は大変喜ばれました。   one humanity   a politician poet…   early spring wind     強東風や政治と詩歌共存す(英日とも村上) 写真では、ゆく春の自主出版である「対訳 原子爆弾救助行・谷野夏山俳句集」をお渡ししています。(文責:村上博幸)  … 続きを読む

ゆく春の岩田織人、フォト俳句集上梓

京都四季彩 岩田潤 ゆく春会員の岩田織人(おりじん)さんは写真の造詣が深く、ホームページにも写真をご提供いただいています。その岩田さんが本名の岩田潤として、この度電子書籍のKindleよりフォト俳句集「京都四季彩」を上梓されました。次のKDPより見本が閲覧できる購入ページにリンクしますので、是非ご覧ください。岩田さんおめでとうございます。… 続きを読む

ゆく春は創刊90周年を迎えました

政にかかはらず早稲稔りけり  室積徂春 昭和2年10月1日、室積徂春が40歳の若さで、東京で創刊したのがゆく春でした。以来90年の歳月が過ぎました。 ホトトギス雑詠欄の「進むべき俳句の道」の中で徂春は、客観事実をそのままいうのではなく、主観的・理想的にいうところに彼の句の生命がある、と虚子に評されています。 また師系(徂春の師事した先達)の面を取っても、子規門四天王の一人である佐藤紅緑、主情的唯美的な句風の岡野知十です。こうした単なる客観作句とは異なる、月並を離れた個性表現に長けた俊才を源としており、平成の現在までこの方向性は受け継がれているように思われます。 俳句界では歴史の長さが必ずしも繁栄の源とは言い難いのですが、上記のように、継承されているものが終始一貫しているということは、継続性の点で大変重要なことと思われます。 今後も基本の方向は変わらず、なおかつ電子化推進含め新手法を取り入れてまいります。皆様からの引き続いてのご支援を賜りますようお願い申し上げます。 ホームページ担当    … 続きを読む

ゆく春Facebookページのご紹介

創刊90周年を迎える今年は、記念企画等、ホームページでお伝えしたいことが沢山ございます。またFacebookページでは、更に先取りのお知らせもしています。読者と編集部をダイレクトに繋ぐSNS。下記URLで是非ご覧下さい。 https://facebook.com/haikumoment    … 続きを読む

全端末で読めるゆく春

スマホ、タブレット、PC。ゆく春はオールデバイス対応! 最新号もバックナンバーも、端末さえあれば、きれいな活字の本誌を全ページ読むことが出来ます。無料体験も受け付けていますので、ご興味のある方はお問合せよりお尋ね下さい。  … 続きを読む

会員のフォト俳句

飛梅の百里を飛びて香りけり  岩田織人 画像と句は昨年ゆく春に入会した織人(おりじん)さんの作品です。撮影地は北野天満宮。菅原道真の物語を踏まえていて見事ですね。  … 続きを読む

今月の作品~2月をご覧下さい

植物も動物も人事も、ものごとの準備が進む如月の頃。この短い月にも俳句はやさしいですね。ホームページならではの選の数々をご覧下さい。… 続きを読む

1月号本誌巻頭をご覧下さい

新米の研ぎこぼしたる光かな  及川紀子 砧謡ふ砧打つ音知らぬまま  和泉屋石海 雪催雪来なければ落ち着かず  福士あき子 山門の維新の銃痕菊供養  小見山 岡 大根の面取りをするうなじかな  井上 武   上記は春雷集入集者から一部のご紹介です。 本誌全頁は会員サイトからご覧下さい。なお、ログイン情報が変わりましたので、会員の方には別途お知らせいたします。… 続きを読む

Rush to Rescue Atomic-bomb Survivors excerpt 2 原子爆弾救助行 抜粋2

A Rush to Rescue Atomic-Bomb Survivors – Kazan Tanino Haiku Collection (excerpt 2)  原子爆弾救助行(抜粋2)ー谷野夏山俳句集 (Translation: Hiroyuki Murakami; Proofreading: Patricia J. Machmiller)   In honor of Yukuharu’s senior poet Kazan Tanino, here are 6 more haiku chosen from the story of rescue in Hiroshima.   雲の峯十万人の魂か thunderclouds the accumulated soul of one hundred thousand people   ただれたる乙女に氷ささげけり I offer ice chips… 続きを読む

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © ゆく春俳句会 Yukuharu Haiku Society All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.