俳句に親しむ時 人は豊かになる The moment when haiku enriches us
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 句会

句会

10/21 ベイサイド横浜句会吟行会速報

魔女たちの集ふ館や冬薔薇    内山眠龍 手をつなぎ南瓜の顔と魔女の顔  岩田織人 冷まじやランプシェードに仮面掛け  伊藤 東 身に入むや顔亡き魔女の待つ館  高久靖人 身に入むやひびの入りたる十字架碑  大津 浩 潮の香の混じる秋雨や異人館   村上博幸 主宰詠と主宰特選5句です。吟行地の海の見える丘公園~西洋館は折しもハロウィンの各種催しの真っ最中。この新しい季語での佳句がいくつも生まれました。 【句会】 英国館ディスプレイ… 続きを読む

facebook句会を試験的に実施しました

9月2日の「オープン句会」を「facebook句会」に変更して実施。投句、選句、評、順位発表に至るまで、全てをネット上で行いました。投稿に4人の参加者の力作やコメントが公開されるや、facebookユーザーから多くの「いいね」が寄せられ、今後のネット展開に一つのヒントを得られたように思います。兼題は「虫」と当季雑詠。句会の結果は以下の通り。選句時の互選コメントは次のfacebook投稿(猫の写真が目印の投稿)でご覧になれます。http://bit.ly/2f5RCxw 1位 野分立つ転校生の都会弁    サトウイリコ 2位 犬駆ける方円に散る虫の声   佐藤 久 2位 転勤の不意の報せやあきつ飛ぶ 村上博幸 3位 竹伐れば一軒いなくなる如し  木村洋平            … 続きを読む

2017年9月2日 誰でも参加できるオープン句会実施

ネットとリアルの良いとこ取りのリアル句会が2年目。今回は楽しい仲間を増やそうと思い立ち、オープン句会を実施します。俳句経験や年齢は一切不問。ルールは次の3点のみです。 ・9月2日(土)16時~18時半で神田小川町 TEORIYA 地図 (ポンチ軒の2F)に来られる方。 ・8月30日(水)までに次の要領で計二句を作句いただける方。兼題=虫で一句、当季雑詠で一句。メールで村上博幸宛にお送りいただきます。 ・当日1,000円を会費としていただきます。 当日の進行はゆく春の村上博幸が務めます。ご興味ある方は お問合せメール にてご連絡下さい。  … 続きを読む

7/15発行所句会速報

重装備素顔も見たや兜虫  浦野和子 シンクロの開きて縮む水中花  伊藤 東 鰻重てふ格上げねだる誕生日  高橋純子 眠龍主宰選の天位三句です。着想の新鮮さ、言葉の切取りの上手さが光りますね。全員の次点句については、こちらの赤い(横浜ベイサイドゆく春会の)URLよりご覧下さい。  … 続きを読む

鎌倉建長寺吟行会速報

4月22日、横浜ベイサイドゆく春会の第100回句会。記念の会として、鎌倉五山一位の名刹建長寺での吟行を行いました。主宰天位の三句と最多得票の二句は以下の通りです。また、句会後は18名のささやかな酒席となり、継続のよろしさをお祝いしました。 山笑ふわれも枯淡に禅の庭   船橋貞夫 茅葺きの梵鐘重し鳥曇   倉林 潮 柏槇の身を削ぎ落とし春幾重   渡辺伊世子 遠足のしんがり堂におさまらず   植村文彦 春愁を絶つ賽銭を投げてより   内山眠龍  … 続きを読む

ゆく春発行所新年句会速報

初句会は国会議事堂にほど近い星稜会館で行われました。次の4句が25名計100句 の中から選ばれた眠龍主宰の特選です。いずれも新年の実感のこもった作品ですね。おめでとうございます。 初富士や裾野に抱く子の未来    高橋純子 施設より母を預かり初写真     植村文彦 夕映えや富士は紫紺に実千両    船橋貞夫 巫女の舞ひ弾む鈴の音実千両    石原まさ子    … 続きを読む

10月吟行会速報

捨舟と色なき風のありにけり     植村文彦 切紙を吊るす衣桁や藤袴       大津 浩 一円玉石仏に置く秋思かな      倉林 潮 以上三句が眠龍主宰による天位賞です。以下各人の句へ。 威風ある数寄屋の影や竹の春     内山眠龍 爽秋の水は低きに草地蔵       岩田織人 敗蓮に風の旋律あるらしき      渡辺伊世子 極楽の門閉ざされて破蓮       浦野和子 せせらぎに誘はれ一歩紅葉坂     船橋貞夫 石橋の手彫りの一基木の実落つ    北村千代津 秋蝶のもつれて落つる虚子碑かな   高久靖人 鴨群れて池のにごりやずんだ餅    伊藤 東 薄紅葉神前式の白が立つ       亀田浩代 合掌造り鬼灯一つ灯りたり      十河弘子 秋の池水面きらめき三重の塔     関谷正道 美を秘めし三重塔薄紅葉       繁友 葵 借景はコンビナートに秋の風     室積昭二 白無垢の過ぐる色なき風となり    村上博幸   【句会、吟行会の結果】            … 続きを読む

7月発行所句会速報

7月2日、兼題を「青簾」と当季雑詠、席題を「サングラス」で、発行所句会を行いました。結果をご覧下さい。 主宰特選 白バラのブーケ載せれば若き妻     正道 老いてなほ躊躇せぬなりサングラス   浩 青簾かけて浮世を遠くせり       久子 参加者代表句 すらすらと筆の運びや青簾       眠龍 軒並みや京の疎水の青簾        弘子 青簾揺れて隣家も今日元気       瑛子 新しい風を呼び込む青簾        鯉童 青簾表ばなしに裏話          春浪 茶畑を眺むる庵や青簾         昭二 白南風や自転車で行く沈下橋      良子 夕立や止むの止まぬの軒宿り      文彦 舟遊びスカイツリーの灯るまで     博幸 雨に濡れ艶際立ちぬ柿若葉       治平 夜の帳おりて静寂に雨蛙        貞夫 英国のイーユー離脱木下闇       岡 ドーナツ屋のぼりの目玉かき氷     浩代 サングラス外し一児の母の貌      潮 サングラス心の襞を隠しけり      純子   【句会】      … 続きを読む

「リアル句会」誕生!

「Facebookゆく春」から生まれた「リアル句会」。全員初心者の会ですが、読者数は1000人を越えました。以下6月18日の「リアル句会4」の模様をご覧下さい。   日照雨来て日傘に雫足早く     あやこ 地に落ちる浴衣の裾とめぐる月   みなこ 相方の背丈に届かぬ黒日傘     ひろし 涼風や濡れ縁猫の深眠り      たけし 老猫と簾の影と伸びにけり     ともこ 母親とまろびて作る蚊帳の部屋   ひろかず 手花火や言ひ尽くされぬ物語    イリコ 風三方富士借景の夏座敷      じゅんこ 立ち際の本題となるアイスティー  ひろゆき facebookゆく春ページの詳報はこちらまで↓ https://facebook.com/haikumoment            … 続きを読む

5/28 横浜ベイサイドゆく春会~鎌倉吟行速報

若竹のすつくと空のしなりかな  眠龍 竹の皮脱げば一途に天の果て  和子 青垣の五山老鶯遊ばせり  伊世子 若葉風庵の敷石角円し  浩 今年竹はや結界に置かれあり  文彦 竹林へ山門くぐる夏衣  東 石庭や塑像のやうに親鴉  いっぷく 山門へ老鶯声を置きにけり  靖人 緑青を葺きて本堂緑さす  正道 ご朱印を句帳に押して風薫る  潮 古刹めく民家の門や五月闇  博幸    … 続きを読む

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © ゆく春俳句会 Yukuharu Haiku Society All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.