俳句に親しむ時 人は豊かになる The moment when haiku enriches us

今週のゆく春俳句アーカイブ

  • HOME »
  • 今週のゆく春俳句アーカイブ

ホームページトップに今週のゆく春俳句を連載中。出典はゆく春巻頭の主宰コーナー特選句より、その季節の風物を表している会員の俳句を毎週一句選句しています。ここでは過去に掲載された俳句を収めました。ゆく春俳句の神髄である作者の個性を尊重した、それぞれが輝く俳句作品をお楽しみください。

2017年

●12月号

第2週 五位鷺の広き羽ばたき晩秋光   繁友 葵

第1週 先づ愛づる香の菊膾快気膳    和泉屋石海

●11月号

第5週 曲がり来て落ちて研がれて秋の川 植村文彦

第4週 風となりコスモス街道二人して  丸山千登喜

第3週 生命線染めて秋茄子漬けてをり  山﨑カツ子

第2週 河鹿鳴く闇にもつるる水の音   川又曙光

第1週 海ほたる潜る舳先に遠花火    石原まさ子

●10月号

第4週 翡翠や尾羽で水を染めながら   木村洋平

第3週 シンクロの開きて縮む水中花   伊藤 東

第2週 身にあまる餌の痞へて蟻の穴   本間辰也

第1週 被爆して恋も仕事も生身魂    佐藤恵美子

●9月号

第4週 寅さんが帰つて来るよな夕焼かな 高久靖人

第3週 空豆の含み笑ひや誕生日     高橋純子

第2週 迷はずに来給へ門火消ゆるまで  山田瑛子

第1週  香水に租界を偲ぶ老ふたり    岩永紫好女

●8月号

第5週 昼寝覚め蝶にもならず死にもせず 十川たかし

第4週 絵の具溶く色の多さや山若葉   浦野和子

第3週 炎昼やしばし落人地下茶房    諸中一光

第2週 ともし火と人ある限り原爆忌   村上博幸

第1週 三たび汗三たび峠を越えにけり  内山眠龍

 

 

PAGETOP
Copyright © ゆく春俳句会 Yukuharu Haiku Society All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.