俳句に親しむ時 人は豊かになる The moment when haiku enriches us

ブログ

5/12 ゆく春終刊記念俳句会

川崎日航ホテルにて記念句会が行われました。寄せられた句はどれも趣きがあり、終刊記念俳句集の発行に花を添えました。以下、代表句を載せます。 移り代に終刊句集桐の花      船橋貞夫 令和五月さてもいや増す句の心   髙橋純子 薫風や令和の庭に陶の鶴      山田瑛子 トンネル七つ抜けて新樹のエアポート  繁友 葵 夏つばめ理科の板書の右上がり   植村文彦 メーデーの列がばらけてあくびかな 西村明宏 新緑やときめきといふ一語好き   内山眠龍 緑陰に彼女誘いし日のありき    室積昭二 万緑の風や百年生きる顔      倉林 潮 翡翠のまばたき一つ待てぬとや   浦野和子 濃淡の緑の帯や新茶摘む      清水秀洋 四阿に白富士坐る立夏かな     村上博幸 引鴨の光り絡めて昏れにけり    渡辺伊世子 球を追ふ子の声変わりして立夏   津田明光 葉桜や指切りせねど又会はむ    岩永紫好女 鎌倉を濡らしゆくなり蝸牛     高久靖人 滴りのきらりきらりと抹茶席    大津 浩  … 続きを読む

ゆく春終刊記念俳句集より

僭越ながらホームページ担当として感銘句をあげさせていただきます。 市中の燈に見る夏の匂ひかな    室積徂春 裾袂吹かれて風の蓬摘む      室積波那女 歪みたる盆の月ある焦土かな    平川巴竹 富士に似し異国の山も眠りけり   山縣輝夫 名月や無念無想の独りの座     内山眠龍 傘の無い平和を祈る初日の出    石原敬史 砧謡ふ砧打つ音知らぬまま     和泉屋石海 新装のカフェの新人フリージア   植村文彦 位置に着く白バイ三騎淑気満つ   金田葉子 目覚めれば水呑む癖や原爆忌    倉林 潮 群羊も人も戻らぬ大西日      高取杜月 風青し胸に思案の龍馬像      髙橋純子 旅の荷を解く間も雪の降りしきる  福士あき子 麦麦麦みのりたる日よ野に出でん  室積昭二 初鮭や先づ神棚に一の鰭      諸中一光 さよならは美しき言葉よ春夕焼   山縣 文 趣味は何と聞かれ俳句よ春はゆく  山田瑛子 晩酌のころあひ見てかちちろ虫   山本耕道 ゆく春や華語で別れは再見と    岩永紫好女… 続きを読む

最終号ご購読のおすすめ

ゆく春の5月号最終号は会員95名の自選8句計760句が一堂に会します。ご購入ご希望の方は3月15日までに次の宛先にご連絡ください。高橋純子宛:〒145-0061 東京都大田区石川町1-26-2: 一部1,500円にてお送りいたします。振込先は:ゆうちょ銀行 00160-5-100205 「ゆく春俳句会」です。… 続きを読む

終刊に際しHP担当よりご挨拶

5月のゆく春本誌終刊を控え、ホームページ担当として3月号に載せていただいた挨拶文がございますので、こちらにも転用させていただきます。以下ご覧ください。    山県輝夫前主宰が急逝され、ゆく春新体制をどうするかの議論の中、課題として「ホームページの充実」がありました。そして4年が経過し振り返ってみますと、手応えのあったものが三つあります。まず電子投句機能の投入です。これはホームページ内で投句が完結するだけでなく、本誌づくりの一次加工をカバーする仕様で、毎月の編集に役立ちました。次に本誌閲覧機能です。これにはアーカイブがありますので、電子書籍として活躍しました。三つ目は、俳誌は師系が重要との認識のもと、初代主宰室積徂春を中心とするゆく春の歴史に触れられたことです。調べれば調べるほどゆく春は豊かな歴史を持つ結社と感じられ、ページ構築も遣り甲斐があり、光栄に思いました。  いずれにしましても、弱輩の私にホームページ運営をお任せいただきましたこと、会員の皆様及び執行部の皆様に心より感謝申し上げます。また、デザイン制作やアート写真ご提供の形でご支援をいただきました皆様。ページ制作にご参加いただいた有志の皆様。誠に有難うございました。    村上博幸   ゆく春本誌 2019年3月号より抜粋  … 続きを読む

ゆく春私の一句募集

俳句雑誌ゆく春は2019年5月号をもって終刊することが決まりました。 ついてはホームページをご覧の皆様より、これまでのゆく春の会員の俳句作品の中から、最もお気に入りの句をお教えくださいませんか?2019年の春、本欄において、ご推薦いただいた句を一覧といたしますので、改めて相互鑑賞ができればと思います。よろしければこの下のコメント欄に、記名・無記名問わず、率直なご感想も含め、ご自由にご投稿ください。 なお、当サイトもいずれ閉じることになろうかと思いますが、終刊までは発信を続けますので、それまで是非お付き合いください。  … 続きを読む

10/20 YBS ゆく春 横須賀吟行句会速報

横浜ベイサイドゆく春会主催による吟行句会が行われました。 記念艦「三笠」を背景に 吟行地は横須賀の三笠公園、どぶ板通り、ヴェルニー公園一帯。句会会場はベイスクエアよこすか一番館。 今回も実に収まりのよい吟行会。その陰には企画立案に何カ月もご準備された大津浩さん、当日の案内役の植村文彦さん、渡辺伊世子さんのご尽力がありました。 成果は以下皆さんの句よりご覧ください。 会場から停泊の潜水艦が   錆びつくも無敵の艦や秋の潮      内山眠龍 秋麗らどぶ板通り店ど派手※      大津 浩 子規見しや木立清しき秋の薔薇※    船橋貞夫 身に入むやZ旗艦尾に畳まるる     倉林 潮 スカジャンの君を引つ張り秋の街    伊藤 東 スカジャンを染めて色なき風去りぬ   高久靖人 フラの手ととんびの翼秋渡る      原 弥生 秋の苑陸奥の主砲を陸に据え      渡辺伊世子 バーガー食ふ軍港の町秋肥へて     石渡静江 つながれて旗艦の小さし秋の雲     植村文彦 双眼鏡元帥捉らふ街の秋        浦野和子 放たれることなき巨砲水の秋      岩田織人 吊るさるるネイビージャケット秋の潮  村上博幸 「ど派手」な「どぶ板通り」 ※は主宰特選句です。      … 続きを読む

米有季定型俳句会との俳句交流開始

ゆく春米サンノゼ支部が独立し、有季定型俳句会(Yuki Teikei Haiku Society)として発足以来40年。今やYTHSは北米有数の俳句結社として、国際的に活発な活動を行っています。 ゆく春誌の6月号に掲載された「米有季定型俳句会との俳句作品交流(1)」の英語版が、YTHSのGeppo(月報)8月号に掲載されました。交流プログラムの趣旨としては、3カ月に一回、YTHSの作品より2句、ゆく春の作品より2句、計4句に対訳を付け、会員が双方の句を鑑賞し合い、洋の東西を越え、俳句がいかに雄弁な詩形であるかを共有していきます ゆく春会員には交流プログラムの全貌を閲覧いただけるよう、「米有季定型俳句会との俳句交流(英文ページ)」のアーカイブを開設しました。今後も会員の皆様にはHPを通じ、詳細をお知らせしてまいります。        … 続きを読む

9/1 ゆく春俳句教室速報

第4回ゆく春俳句教室が9月1日午後、代々木倶楽部において開かれました。前半はゆく春同人の植村文彦さんによる講演「推敲の仕方」。計11ページに渡るレジュメには、俳句実作におけるヒントがコンパクトにまとめられ、説得力のあるお話と相まって、一同の納得のいくものでした。後半のミニ句会は兼題を当季雑詠、席題「虫」で全員出句。選者による各句への評と手直し案が交互に述べられ、習ったばかりの推敲の仕方を実践しました。 司会進行の植村さん、企画とりまとめの倉林さん、ご参加の皆さん有難うございました。以下皆さんの代表句をご覧ください。 ばんしゃくのころあひ見てかちちろ虫  山本耕道 風立ちて箒の跡やこぼれ萩  田中かよ子 バス停の闇に降り立ち虫時雨  岩田織人 野分晴れ蟹が横切る小路かな  西村明宏 こおろぎや今宵の庭は闇深し  宮下あずさ 人の輪を豊かに広め鰯雲  坂口美智子 人力車映ゆる嵯峨野や秋日和  石井真由実 秋天や屋根の重なる蔵の町  植村文彦 秋天の土手ゆく背のチェロケース  倉林 潮 集落の大き虫籠破れ納屋  村上博幸… 続きを読む

東京青山ゆく春会発足

今春から始まった「東京青山ゆく春会」。これまでの句会の模様をこちらの句会報でお知らせしています。参加にご興味のある方は是非お問合せください。        … 続きを読む

9/1 第四回ゆく春俳句教室のご案内

●今回は「推敲の仕方」についてゆく春同人植村文彦さんのお話を企画しました。投句前の作品のレベルアップにきっと繋がる貴重なお話をしていただきます。後半はミニ句会を予定しています。 ●詳細は以下の通りです。参加ご希望の方はこちらまでご連絡ください。 ・日時:9月1日(土)13:00~16:00 ・場所:代々木倶楽部 渋谷区代々木三丁目59-9 地図 小田急線参宮橋駅より徒歩4分、JR代々木駅より徒歩10分 ・定員:15名 ・内容:講演「推敲の仕方」植村文彦 ミニ句会 = 当季雑詠二句、席題一句。 当季雑詠二句は当日ご持参ください。 ・会費:1,000円… 続きを読む

1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © ゆく春俳句会 Yukuharu Haiku Society All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.