Pocket

若楓寝入りて開く赤子の手      山崎カツ子

ちいさな五本指

入梅の何回も振る塩の瓶       金田葉子

最終手段は爪楊枝

一日の悔いをハンカチたたみけり   亀田浩代

独り言ちながら

初夏やハイブリッドの路線バス    サトウイリコ

涼しげなボディー

出刃二本連打連打の鯵タタキ     荒木きんたろう

ねばりの出る前に

茅の輪抜け見知らぬ人とハイタッチ  津田明光

祓い終えた同志

紫陽花の寺を彩る傘の列       船橋貞夫

紫陽花は紫一色

卯の花や宿坊に無き電子音      渡辺伊世子

たまにはデジタル断ち

病室のベッドに慣れて梅雨晴間    岩田織人

退院までもう少し

装幀の白く仕上がる卯月かな     木村洋平

帯まで白く

2015年のアーカイブへ  2016年のアーカイブへ  2017年のアーカイブへ

2018年のアーカイブへ