Pocket

夜の雪明朝までの雪の嵩       井村 美智子

今年の豪雪

早春やハレの号外たてつづき     植村文彦

メダルラッシュ

江ノ電の日永鎌倉ものがたり     村上博幸

平均時速は20キロ

受験子や門に入るまで母の声     髙橋純子

最後の応援

針供養はじめ端より刺すひとも    大津 浩

後の人を考えるべし

からころと卒塔婆鳴れり春の風    金田葉子

鬼太郎の下駄の音も

春風に将軍鎧脱ぎ始む        荒木きんたろう

北風と太陽

立ち上る陶土に力春近し       及川紀子

ろくろ挽き

春愁や土偶のもてる臍の孔       山崎公侍

縄文時代

紅梅のくれなゐ灯る女坂       高久靖人

白梅照らす男坂

今朝の雪はねて一日始まりぬ     長岐照女

北海道美瑛の作者

春の日や俎板へこむほどの幸     松浦券月

春のごほうび

紅梅に緋の傘開き海蔵寺       市川道雄

鎌倉の谷戸どんづまり

福引や無欲念ずる欲の出づ      浦野和子

人間だもの

友来たり畑の端の蕗の薹       金子まさや

また楽しからずや

2015年のアーカイブへ  2016年のアーカイブへ  2017年のアーカイブへ

2018年のアーカイブへ