Pocket

桟橋の左右巨船や初景色       大津 浩

去年今年の船旅

おでん屋の隅は馴染みの左利き    植村文彦

お隣さんに当たらぬように

打ちかけのタイプライター秋灯す   倉林 潮

主は出かけて50年

石焼芋売声もまた美味しさう     井村美智子

独特の節回し

髪かたちととのえる如菊手入     川又曙光

たんねんにカールもして

ポインセチア抱き新郎新婦かな    村上博幸

これまでお世話になりました

白鳥の花咲くごとく湖に浮く     福士あき子

真っ白な睡蓮

まんなかの栗の実平ら次男坊     金田葉子

次男も意外とつらいのだ

白菜の縦断面の指紋めく        本間辰也

なるほど

初時雨佳句の残らぬ多作多捨     津田明光

冷たい雨に流されたか

秋霖や墨絵のごときベイサイド    岩田織人

山手のドルフィンは・・・

散紅葉心ただいま貸出し中      サトウイリコ

放心

ベーグルの顎の疲れや暮の秋     伊藤 東

赤ちゃんの歯固めにも人気

烏瓜老いも若きも一つ蔓       浦野和子

多世代ファミリー

束の間を富豪となりて柿配る     柳澤酵也

たっぷりとおすそわけ

2015年のアーカイブへ  2016年のアーカイブへ  2017年のアーカイブへ

2018年のアーカイブへ