湯船より釣瓶落としの日本海     村上博幸

露天風呂より名残惜しき夕陽

釣瓶落としゴンドラ空の観覧車    大津 浩

こちらの釣瓶落としは夕陽が沈んでしまった後

夏逝くや舞台テープのはがし跡    植村文彦

立ち位置や道具の場所。業界用語でバミリテープ

青柿に頭叩かる老いの坂       倉林 潮

小さいとはいえ中身ぎっしり、痛い

小刻みに機械仕掛けや阿波踊り    岩永紫好女

一糸乱れぬとはこのこと

一陣の風来て秋となりにけり     和泉屋石海

あっ!今変わった

付箋貼る図鑑ふさふさ花野道     金田葉子

どんどん増えていく付箋紙

上段に構え鮭竿宙を切る       松浦券月

秋サケの猛烈なファイトに負けぬ、ゴツイ竿

秋色のディズニーランド黄昏るる    福士あき子

早くもハロウィーン色に

白木槿人に話さぬ今朝の夢      岩田織人

話せぬではない

枝豆や父と我とにことば無く     サトウイリコ

口に出さずとも、通じ合うものがあり

草の花眼鏡の度が少し弱い      木村洋平

この季語と破調の取り合わせの妙味

新しき家族見せ得ず墓参り      柳澤酵也

来年こそは

背を伸ばし手先までもの盆踊り    坂口美智子

1センチでも月の近くへ

ペッパーの電子読経やうすら寒    諸中一光

ロボットが導師、そのうちに牧師や宮司も

2015年アーカイブへ  2016年のアーカイブへ  2017年のアーカイブへ