生むことの無かりし腹へ西瓜抱く   岩永紫好女

疑似体験

魚走る釣糸夏の波を切る       川又曙光

魚との真剣勝負、鯖の横走り

反抗期てふ寂しさに夜を濯ぐ     髙橋純子

サッカー少年のユニフォーム

虫送り保存会のみ法被着て      大津 浩

もう観光イベントでしか見られない

直会は全員一致の鰻膳        山田瑛子

静岡のウナギは天下一品

風の道くっきり見える青田かな    角津治平

なぜか風の通り道は決まっているのだ

子の居ぬ間掛けて外してサングラス  浦野和子

初めて買った、別に悪いことしているわけでもなく

炎昼やゴッホの糸杉渦を巻く     十河弘子

炎のように揺らめく糸杉、入院病棟より

ごつごつの木にごつごつの兜虫      伊藤 東

オノマトペのリフレインがいい

向日葵が物足りないと言う夕べ    木村洋平

今年の夏は雨ばかりだった

我もまた一日一生蝉時雨       小見山 岡

毎日を大事に生きる

緑蔭やテーブル二つの俳句会     金子まさや

清記するのに少しガタついて

一億年蚊に刺されきてゐるらしき   サトウイリコ

ジュラ紀のステゴサウルスも悩まされた

謎掛けに慌てて送るお中元      石原敬史

どんな謎掛けだった?

小さき手がボスの金魚をすくいけり  柳澤酵也

子供はすぐにコツを覚える

2015年アーカイブへ  2016年のアーカイブへ  2017年のアーカイブへ