猫の背に小春日和の匂ひかな      本間辰也

日がな一日、日向で寝ていたのだな

着ぶくれの背中繋がる屋台かな     高久靖人

ダウンジャケットがぎゅうぎゅうに

小春日や縁の日差しに背をあずけ    及川紀子

日常という幸せ

おだい炊く湯気やわらかに三千院    井上 武

おだい、京ことばは柔らかさ

冴ゆる夜や美容師の手の薄き傷    サトウイリコ

薄き傷から膨らむ物語

電波塔紅白に塗る年用意         金田葉子

年末に、鉄塔高く働く男たち

日の本の空いつぱいの淑気かな     岩澤正春

出だしの大仰がいい

早暁の寒星未だ衰へず          船橋貞夫

最近、明けの明星が一段と

出港の重たき水尾や雪催い            渡辺タミ子

雪が降る前はひときわ寒い。重たいとは、まさしく。

沼田城登る竪堀暮早し         石井真由美

大河ドラマのロケ地で盛り上がった

手袋をこすり合わせてゆく日かな    木村洋平

手袋をこすり合わせてしのぐ。極寒

全身の諦めぬ意志水仙花          北村千代津

作者と水仙の一体化

春寒し牛に触れぬ嫁が来る       松浦券月

作者は北の大地、美深のかた

つぎつぎと蕾生まるるシクラメン     石井和子

その蕾がつぎつぎと花に

編みくれし記念のマフラー巻いて待つ  柳澤酵也

誰が編んで?×何の記念に?×何を待つ?=読者が自由に鑑賞できる

2015年アーカイブへ  2016年のアーカイブへ  2017年のアーカイブへ