検査結果待つ身卯の花腐しかな    高橋純子

白魚の眼のみ盛られてある如し    川又曙光

たかんなのかくし持ちたる深き傷   佐藤恵美子

くちびるに乳あふるるや花の昼    及川紀子

花茄子や咲いて調ふ石狩野        諸中一光

老桜散つて鳥居のあらはるる     浦野和子

初夏の風セールにまかせ乾杯す    石原まさ子

良き人と火点し頃の余花に会う    山縣 文

通る人ふり向く昼のビールかな    金田葉子

一陣の風におくれて花の散る     渡辺伊世子

納豆の糸引くやうに梅雨来たる    高久靖人

桜蕊降りしなマタイ受難曲      木村洋平

草餅の土産われにもひとつ買ふ    清野春風

引き際を上手に出来て菫咲く     角津治平

よそゆきにアイロン押して夏の月   石井真由美

2016年のアーカイブへ