清水寺奈落の底ももみづれり           髙橋純子

霧流れかの世この世を一つにす    新美久子

離れてもまた滑らかに鴨の群     大津 浩

落葉して表情豊か木の容       井村美智子

海小春海音やさしく繰り返す     山田瑛子

冬紅葉遠流の島に能囃子       佐藤恵美子

子の雪を払ひてよりのバスの客    福士あき子

短日や買い出し行かず有り合わせ   亀田浩代

敵ばかり増やして冬を迎へけり    岩澤正春

立冬やガレのランプの色模様     森田哲太郎

よそ者は木枯らしとなる夕べかな   高久靖人

称名寺実時も居る秋句会       清野春風

牡丹焚くひと夜師友の清話かな    石原まさ子

白杖の友と踏み行く落葉道      小見山岡

白樺の日に日に疎なり冬隣      木村洋平

2016年のアーカイブへ