旭川句会に編集部より同席させていただきました。本誌での句会報で旭川は活発な印象がありましたので、その背景にとても興味がありました。そして分かったことは、往年の旭山先生の薫陶、その後を引き継がれた方々の熱意とチームワーク、そして強い土地への愛着、こうしたものが混ざり合ったエネルギーのようなものを感じました。以下今回の皆様の代表句(兼題:時雨、落葉 席題:冬の星)をあげます。

落葉降る北の動物物語     井村美智子

新しき童話生みなむ冬の星   谷島展子

なほ北を目指す列車や冬の星  福士あき子

荒海の掴み離さぬ冬銀河    高取杜月

冬の星句友を迎え壮観に    華風女

無人駅落葉の客の乗り込みぬ  渡辺タミ子

落葉道かさこそかさと音がして 佐藤キヌ子

一晩で黄色に染まる落葉道   定岡計江

雲海の果てに鎮もる冬の星   倉林潮

家々は煙突を持ち冬の星    村上博幸

 

【句会、吟行会の結果】